あさがお保育園

ホーム > 施設紹介 > あさがお保育園

あさがお保育園

自然環境にも恵まれた場所で、創造力や豊かな感受性を養います。

あさがお保育園は、平成30年4月に由良山を望むエリアに新設された保育園です。小川や田園などの自然環境に恵まれ、近くにはサンメッセ香川や香川県立図書館、香川大学工学部などもあり、子どもたちは自然と文化に親しめる環境で過ごしています。また、地域の方との交流も大切にしています。自然の中で子供が本来持っている好奇心を発揮して、人にやさしく思いやりのある子どもに成長していく様子を、保育者の視点から支援していきたいと思っています。

身体運動や表現活動を通して、創造力やコミュニケーション力を養います。

運動遊びやリトミック、英語、芸術士の先生など、専門の講師にお越しいただき、表現や身体表現など様々な活動に取り組んでいます。初めての経験を通して、子どもたちの創造力や表現力を高めたり、友だち同士がかかわりあうことで、コミュニケーション力が培われたりと、様々な効果がで期待できます。

菜園活動を通して身体で自然を体感し、生命を大切にする心を育てます。

あさがお保育園の園庭では、じゃがいも、ブロッコリー、たまねぎ、さつまいも、大豆、すいか、いちごなど、四季を通じて様々な野菜や果物を育てています。自分たちで苗や種を植えて野菜や果物を育て収穫することで、植物が成長していく生命の不思議さ、尊さを体感します。自然科学に興味をもつ第一歩として大切にしています。また、近所の方が育てた野菜の収穫に参加させていただくこともあり、地域の方とのかかわりを大切にしながら感謝する気持ちも育みます。

異年齢児交流の中で、人を思いやる心を培います。

夏祭りやクリスマス会などの様々な行事を通して、異年齢児が交流する機会があります。年齢の違う子どもたちとかかわるきっかけを作ることで、家庭的な雰囲気の中で人を思いやる心、我慢する気持ち、協力する楽しさ、協力する楽しさ、工夫するおもしろさを培います。

あさがお保育園での生活

晴れた日は園庭で元気いっぱい遊んだり、園内にあるホールで運動あそびをすることもあります。野菜を育てて収穫したり、近所をお散歩して自然にふれる経験を大切にしています。

あさがお保育園の一日

  3歳未満児 3歳以上児
7:30 順次登園
  • 健康視診
  • 持ち物のかたづけ
  • 自ら思いに沿った活動
順次登園
  • 健康視診
  • 持ち物のかたづけ
  • 自ら思いに沿った活動
9:30 おやつ(0・1・2歳児) 年齢の発達や課題に沿った活動
  • 自らの思いに沿った活動
10:00 年齢の発達や課題に沿った活動
11:00 食事(0歳児)
11:30 食事(1・2歳児) 食事
12:00 午睡 午睡
14:30 おやつ(0歳児)  
15:00 おやつ(1・2歳児)
自ら思いに沿った活動
  • 健康視診
おやつ
自ら思いに沿った活動
  • 健康視診
16:30 順次降園 順次降園

保育時間

    標準 短時間
通常保育 月曜~金曜 午前7時30分~午後6時30分 午前8時30分~午後4時30分
土曜 午前7時30分~午後6時30分まで  
延長保育 月曜~金曜 午後6時30分~午後7時 午前7時30分~午前8時30分
午後4時30分~午後7時
閉園日 日曜日、祝祭日、年末年始  

施設概要

あさがお保育園

管理者:中條 紀子
〒761-0302 香川県高松市上林町69番地
TEL : 087-899-5660 / FAX : 087-899-5661
メール : asagao@syurikai.com

定員 120名
職員について 園長・保育士・栄養士・看護師・事務員・その他職員

アクセス

お問い合わせ

ご質問・お問い合わせ等、何でもお気軽にお問い合わせください。

あさがお保育園


施設紹介