• 特別養護老人ホーム、デイサービス、グループホーム、ショートステイ等の事業を通じ、一人ひとりと丁寧に関わる認知症ケアに力を入れています。
  • お問い合わせ

社会福祉法人守里会

四国新聞連載コラム

2020/10/04
「鉦」
「鉦」 ~心に積み重なる様々な出来事をこのコラムに寄せて~ 神無月と言われるように 10月は、地方から出雲大社へと神様が集まり、 地方から神様がいなくなるそうな。 秋祭りの用意が盛んなこの季節、 太鼓、鉦といった音色が響く、 大きな目の獅子頭を抱えた若衆、 豊作を祝い皆の顔がほころぶ。 いや待てよ、なにやら静かな9月がすぎ、10月へ。 そう、鉦の音が聞こえてこないのである。 春先からつづく、自粛、夏祭りにつづき、秋祭りへ。 密を避けること、これまた已む無し。 そして運動会、スポーツの秋といわれて久しく、 ...
2020/09/06
「おおきな おおきな かぼちゃ」
「おおきな おおきな かぼちゃ」 ~心に積み重なる様々な出来事をこのコラムに寄せて~ 春先から、撒いた種子 そして発芽した芽 ぐんぐん、伸びる伸びる 伸びたと思えば ふわふわ広がる広がる葉 新型肺炎による自粛に次ぐ、自粛 感染警戒 なにか、楽しいことはないか これで気持ちを晴らそうか そんな想いからはじまった 取り寄せた種子は大きく 『やっぱり違うなあ、大きいなあ』 これはきっと大きく実るだろう なにか窮屈に感じていた生活の中 すくすくと地を巡る茎を眺めていると しばし、この縮こまっていた気...
2020/07/05
「どじょうがでてきて」
「どじょうがでてきて」 ~心に積み重なる様々な出来事をこのコラムに寄せて~ 青い大きな空をめざすかのように、 水田にいきいきとした稲が、 すくっとたっている。 この頃になると、 水の流れをよくするよう 水路の清掃をおこなっている。 高松市南部の街中にある 当事業所周辺にて、 地域の方々とおこなった。 といっても、不慣れな私たち、 恐る恐る水辺に近づき、 落ちやしまいかと、 脚を伸ばせるだけ、 ぴんと水辺まで伸ばし、川底へ到着、 すでに、身体に緊張感がはしる。 長靴をとおして、 つたわる水の流れが心地よく...
2020/06/07
「助け合うということが大きな道徳 司馬遼太郎」
「助け合うということが大きな道徳 司馬遼太郎」 ~心に積み重なる様々な出来事をこのコラムに寄せて~ 家庭で過ごす時間が増し、 各々の過ごし方がみえてきました。 パソコンに向き合い在宅ワークと思いきや ネットサーフィン、 ポチッと買い物、 ゲーム、 身体を動かそうとするも、 そもそも普段から動いていない。 ここは、これまでの積読を開いてみましょうか。 振り返れば、 幼いころから、本に接してすごしてきました。 ひとつのきっかけは、 祖父宅へと訪問すると、 必ず本が用意され 持ち帰り読んでいました...
2020/05/03
「うわぁ!おったぁ!」
「うわぁ!おったぁ!」 ~心に積み重なる様々な出来事をこのコラムに寄せて~ 登園自粛により、 さみしくなった園庭に 小さな赤い点 よおく目を凝らしてみると、 ちょこちょこと動く 触れようとすると 飛んでいく そう、 春の草花にくっついている テントウムシ 子どもたちに大人気のこの虫 見つけるや、 すっと小さな手が伸びる 捕まってはならぬものかと、 新緑を駆け回る まばゆい緑の葉に 隠れてみる 「えっどこいったん」 しばらくすると、 虫かごいっぱいの赤い点 新型肺炎感染予防により、 なにかと自...
2020/04/05
「平穏」
「平穏」 ~心に積み重なる様々な出来事をこのコラムに寄せて~ 暖かな春の訪れとともに、 盛夏のオリンピック開催へと 期待が高まるものと信じていた2020年のはじまり。 新型肺炎による感染拡大をうけての延期。 そして、各種行事の自粛、一斉休校。 見えないウイルスとの戦いの中で、 個々にできることは何か。 終わりの見えない対策を続けるうち、 緩んではいないのか。 いったい何を恐れているのか。 感染拡大の最中、 世間での風評、差別、偏見。 今、戦うべくは新型肺炎、 付随して誰かを攻撃してはいないのかと...
2020/03/01
「桃太郎」
「桃太郎」 ~心に積み重なる様々な出来事をこのコラムに寄せて~ 怖い怖い鬼に「豆ぽいっ!」と、 豆を投げての鬼退治 そんな二月の節分も、 鬼の逃げ足とどちらが早いか あっという間に、時は三月 保育園内を見回すと、 たくさん飾られた鬼の形相、鬼のお面も いまや微笑ましい雛人形へと姿を変え 暖かい春の陽光とともに、 園内をつつんでいる 桃の節句とよばれるも、 なぜ桃? 桃は木へんに「兆」と書き、 生命の兆しを意味するという 邪気を祓う神聖なものとされてきた そのため生命を宿す女性を意味するように...
2020/02/02
「新」
「新」 ~心に積み重なる様々な出来事をこのコラムに寄せて~ 「キレ」といえば、「淡麗」「辛口」… 「スルーティー」といえば、「メロン」「リンゴ」 「パイナップル」「ぶどう」「白桃」… 「香味」といえば、「燻」「熟」「爽」「醇」… 言葉で表し、想像してみる。 寒さ厳しきこのころ。 春への節目をむかえつつも、 ひんやりとした空気を肌で感じたり 白い吐息を吐いたり 身体と心いっぱいで 季節を感じながらすごす。 楽しいことはないかと 夢を膨らませる。 そこには凜としたたたずまいのなか、 冒頭の言葉で形...
2020/01/12
「いざ、はじまり」
「いざ、はじまり」 ~心に積み重なる様々な出来事をこのコラムに寄せて~ 2020年 オリンピックイヤー 気運は、高まるばかり 年初、大きなスポーツ大会が続き 年末の慌ただしさ、寂しさから これから始まる新年への期待が増す ましてや、オリンピックイヤーとなると 一層高まるばかりか 昨年、ワールドカップラグビー会場にて 熱戦とともに喉を潤した珠玉のビールも 良き思いでとなり染み渡った きっと、オリンピックとなれば もっと旨いに違いない スポーツを楽しむ方法も様々 選手に自らを投影させ かつて輝いて...
2019/12/01
「やはり介護っておもしろい」
「やはり介護っておもしろい」 ~心に積み重なる様々な出来事をこのコラムに寄せて~ 『老眼のため』 『自らの老後のため』 『ライフワークとして』 『就職を考えて』 只今、開催中の『介護に関する入門的研修』が盛況である。 受講される方々は、年齢も幅広く、 男性、女性、それぞれに目的をもって学び 習得しようとする姿勢に共感し、刺激を受ける。 介護にまつわる話題を集めようとすると、 なにやら、暗く、厳しい様子が語られがちである。 介護離職、虐待、賃金、人材不足、 利用していると費用が分かりづらく心...