これから起こるかもしれないことを事前に予測し推察し、対応することと感じる。付け加えるなら、「これから起こること」には原因があり、その原因を把握することも含まれる。
風の吹いてくる方向を知るだけではなく、何故、風が吹くの化、どのような風(嵐か、追い風下、向かい風か・・・)が吹くのか考え、予想することが必要だ。
それができなければ、どのような場面においてもやること全てが後手、後手になってしまう。