「風」を読む為には、まず「空気」を読める力が必要である。
「空気」が読めて、初めて「風」を感じることができるのである。

「風」を読むことができても、その「風」に「どう立ち向かう」のか、その「風」に「どうのる」のか・・・。
いずれを選択しようとも、この2つの力を養うことのほうが難しい。